ドッジボールのチームについて

ドッジボールにおける体罰に対する考え方

運動部指導者による体罰事案が問題になっていることに鑑み、ドッジボールにかかわるすべての皆様にお伝えします。

日本ドッジボール協会は設立以来一貫して、「自主性・自己責任・向上心」の3本柱を掲げ、選手一人一人が自ら考え自ら行動することができるよう、選手の気持ちなどを最大限尊重した指導を行うようお願いをしているところであります。

選手への指導に関し、体罰(程度にかかわらず暴力行為、暴言)による指導を排除することをすべての指導者に強く望みます。

それと同時に、指導者の皆様が日々抱えている問題を把握し、協会全体として指導力の資質向上を図る方策を進めます。
2013年度より指導委員会を新設し、「公認指導者制度」を2014年度にスタートいたします。これは、協会理念、指導者としての資質、知識、技能について包括的に研修し、優れた指導者を養成する制度で、2013年度は先行開催として現在インストラクター有資格者を中心に、取得希望者を対象に実施します。

ドッジボール指導者が地域社会で活躍し信頼され、チームの発展と競技の普及振興にもつながることを願い、JDBAは様々な施策を実行して参ります。ご理解ご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

2013年2月1日

一般財団法人日本ドッジボール協会

暴力行為に対する対応について

当協会にも数件のご報告をいただいておりますが、ほとんどが匿名でのご報告です。

暴力行為については程度を問わず、当協会としてもその行為を支持することはありませんが、一方で暴力行為が存在していないのにも関わらず指導者を困らせるために虚偽の報告をしてくる可能性も想定できます。

選手の心身の安全と指導者の正当な名誉を守るために、当協会は以下の通りの対応をさせていただきます。

 ・匿名でのお申し出は受理いたしません。お名前をお知らせいただき、チーム内の関係をお知らせください。そして、可能でしたら改善を望む賛同者の方もご記名ください。(氏名等の個人情報はご本人が望まない限り、公開いたしません)

 ・お申し出は書面によって行ってください。電話やメールでのご相談は承りますが、あくまでご相談までとさせていただきます。

 ・事実とは異なる、指導者や協会等を陥れるために報告をすることはおやめください。名誉棄損ならびに偽計業務妨害に問われる場合があります。

 ・報告の中で、『改善させなければマスコミに報道する』という申し出を受けることもありますが、このような脅迫によって動くというものではありません。程度によっては威力業務妨害に問われる場合がありますのでおやめください。

 

なお、暴力行為に関するご相談は、様々な機関が行っております。

明らかな体罰に関しては、傷害罪が適用される場合がありますので、緊急性の高い案件に関しては速やかに警察にご相談ください。

 

これからドッジボールチームを作ることをお考えの皆様へ

これからドッジボールチームを作ることをお考えの皆様へ、日本ドッジボール協会及び加盟団体が行っている事業では、【幼児】、【小学生】、【中学生】、【高校生】、【一般】のカテゴリーがあります。

 

小学生においてはさらにクラブチームとして活動し全国大会を目指したり、レクリエーションとしてドッジボールをお楽しみいただけるよう、目的に応じて、全国大会を目指すカテゴリー【D-1】及び【D-1G】、レクリエーションや育成のための【D-2】、【D-3】のカテゴリーを設けております。

 

地域により、行っているカテゴリーが異なりますので、日本協会または、各都道府県協会へお問い合わせください。

 

チームカテゴリー

ドッジボールチームについて、活動目的に応じて、カテゴリーわけを行っております。

 

• D-1(ディーワン)
全国大会本大会及び予選大会に出場が可能。

夏の全国大会

春の全国大会

 

• D-1G(ディーワンジー)◆
女子のみの構成で、女子全国大会本大会及び女子予選大会に出場が可能。

夏の全国大会

春の全国大会

 

 D-2(ディーツー)
地域での交流大会に出場が可能。初心者チームや交流親善、レクリエーションを主目的とするチーム向け。(※全国大会および予選大会にはエントリーできません)


• D-3(ディースリー)
低学年児童・幼児など,普及向けのカテゴリー。

 

• 中学生・高校生
中学生・高校生向けのカテゴリー。

経験者向けのカテゴリーと楽しむ方向けのカテゴリーが大会ごとにあります。

JDBAシニアチャンピオンシップ

 

• 一般・社会人
一般・社会人向けのカテゴリー。

経験者向けのカテゴリーと楽しむ方向けのカテゴリーが大会ごとにあります。

JDBAシニアチャンピオンシップ

 

◆チームの登録制度 (D-1 D-1Gのみ対象)

上記カテゴリーのうち、◆【D-1】・◆【D-1G】カテゴリーのチームについては、「JDBAチームサイト」でチーム登録が必要です。

(その他のカテゴリーについては、日本協会では登録をおこなっておりません。都道府県協会で登録を実施している場合があります)

 

その他のカテゴリーでの活動については、日本協会もしくは各都道府県協会事務局にお問い合わせください。

⇒『チーム登録制度』

指導者について

ドッジボールの指導者について、どなたでもなることができます。

 

日本ドッジボール協会が日本体育協会への加盟に伴い、日本体育協会の指導者育成プログラムを活用し、日本ドッジボール協会独自の指導者資格の創設いたします。

⇒『指導者について』

 

クラブ・チーム主催の交流会について

加盟団体(都道府県協会)以外が各地で開催しているチーム主催の交流会についてお知らせいたします。

 

⇒『チーム主催の交流会について』

JDBA
     / お問い合わせ
    / サイトマップ

JDBAトピックス

9/1

第3回アジアカップ派遣審判員募集

6/16

2016シニアチャンピオンシップ情報追加

5/9

2016日本代表候補ならびに強化合宿招集メンバー発表

3/25

協会広報紙4号・5号をアップしました

3/10

2016年度日本代表候補セレクションの二次審査の開催日・会場を掲載しました

 2015/4/2

2015-2016年度版公式ルール&審判テキストブックの改正点を掲載

競技委員会

2016/07/23

・競技委員会:人事異動情報

(2016年度)

 

・2016年度・B級審判員

認定会情報

(16/08/25 : 更新)

(16/10/11 : 更新)

(16/10/25 : 更新)

(16/10/30 : 更新)

(16/11/21 : 更新)

事業説明

【展望】

 ⇒ NEXT10戦略

【JDBA個人登録制度運用

 開始について

  ⇒ 制度説明ページ

JDBAサイト

◆チームサイト

チーム登録

 

◆メンバーサイト

会員登録

 

スタッフ登録

・大会運営スタッフ

全国大会等の運営スタッフ募集 

 

カラーコート設営協力

・カラーコート設営協力チーム

カラーコート設営に協力いただけるチーム募集

 

 

 

◆コミュニティ

レッツドッジ

大会協賛・協力

公益社団法人糖業協会
公益社団法人糖業協会
株式会社キックオフ
株式会社キックオフ
ミズノ株式会社
ミズノ株式会社

協力企業

助成事業

公益財団法人ミズノスポーツ振興財団

助成対象 夏の全国大会

競輪&オートレースの補助事業
競輪&オートレースの補助事業


スポーツ振興くじ助成
スポーツ振興くじ助成

助成対象 各種事業大会

概要はこちらから

Chairman's ROOM

ブログ形式にリニューアルしました!(外部サイトにリンクします)

【お問い合わせに関して】

~事務局からのお願い~


メディア関係者、教育関係者、各種団体関係者のみなさま、当協会の活動に関心いただきありがとうございます。

大変恐縮ではありますが、当協会への問い合わせについて、専用フォームをご利用いただきますよう、お願いいたします。


チーム関係者・会員のみなさまにおかれましてもお問い合わせフォームよりお問い合わせいただきますようご理解ご協力をよろしくお願いします。

2016年度チーム登録・各種資格更新の手続きが始まりました。現在、4/5までにご入金をいただいた方に関し、今週末に発送の予定で準備を進めております。発送番号を記入しておりますので、メンバーサイトより状況についてご確認ください。

 

2016/4/7事務局

2/20-21,設営からご協力をいただきました関東ブロックの役員・スタッフの皆さま、登録フォームからお申込みの学生・スタッフの皆さま、朝早くから業務をお引き受けいただきましてありがとうございました。

皆様のおかげをもちまして、大会も盛況のうちに終了いたしました。

次の機会にも是非お力添えを賜りたくよろしくお願いいたします。

このたびは本当にありがとうございました。

※パス裏面からご登録いただけるアンケートもお待ちしております。

2016/2/23

事務局

12/12-13、岐阜県岐阜市の岐阜メモリアルセンターで開催の女子総合選手権においては、岐阜県協会をはじめ東海ブロックのスタッフの皆さまにお力添えいただき、本当にありがとうございました。

当日配布したパスの裏面のアンケートにご協力をお願いいたします。

2015/12/14

           事務局